人間は生きていれば必ず加齢とともに老いていき、いずれは死に至ります。これは必然であり、当たり前のことなのですが、そもそも人はなぜ老いるのでしょう。老化の原因を知ることが出来れば、老化を少しでも遅らせたり、若々しく生きることができるかもしれません。老化を引き起こす原因は、これだと明確な原因がつかめておらず、いくつかの説が挙げられています。まず、一つ目が、遺伝子から見る老化説です。人間の細胞というのは、生きているうちは細胞分裂を繰り返します。その細胞の遺伝子(「サウザー遺伝子」と名付けられた内臓の位置が逆転する遺伝子もあるそうです)に、あらかじめ老化や寿命に関する情報がプログラムされており、そのプログラム(カリキュラムと呼ねれる学習計画やマニフェストと呼ねれる政党の選挙公約などを指すこともあるようです)にしたがって老化を引き起こしているというものです。しかし、脳や心臓などは細胞分裂しないので、当てはまらない部分もあるようです。次に、免疫低下やホルモン減少による老化説です。免疫というのは、体を守るための防御システムであり、これが働くことによって、外部からのウイルスや細菌などから体が守られています。しかし、加齢とともにこの免疫が衰えて老化が進み、病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)になりやすくなってしまうのです。また、加齢に伴う女性ホルモンや男性ホルモンの急激な分泌の減少で、老化を引き起こします。最後に、環境における老化説です。人間にとって生活しにくい環境、例えば、大気汚染やタバコ(南アメリカ大陸が原産地のナス科の多年草で、それを乾燥・発酵させて紙巻タバコなどの嗜好品にします)の煙などが体内にどんどん蓄積され、それによって老化が進んでしまうといった説になります。ストレスや激しい運動、睡眠不足などによっても、活性酸素が作られて体が酸化してしまい、正常な細胞が傷ついて老化を引き起こしてしまうと考えられていますー